NPO法人 神奈川県障害者自立生活支援センター

事業内容

ピア・カウンセリング及び各種相談事業

障害の種別ごとにピア・カウンセラーを配置して各種相談を行います。
ご希望があれば訪問・出張での相談も行っています。
相談時間 月曜日~金曜日 10:00~16:00

情報収集・提供及び調査研究事業

障害者の自立生活を充分に支援するためには、自立生活に関わる情報提供や調査活動の推進も必要です。センターとしては多くの福祉関係者や専門機関等と連携をしながら推進を図ります。

支援ツール等販売事業

障害者が必要とする情報を支援ツール(外出支援マップ・日常生活ガイドブック・障害者のための防災マニュアルなど)を作成し、当事者および関係機関に対し、自立に向けたサポート情報を提供します。

研修・社会啓発・普及・広報事業

センターの事業をより充実させるためには、センターを運営する当事者リーダーといった人材の養成は急務の課題です。センターとしてはその他の研修機関との連携を図り、同時に自立生活フォーラム等を企画し、一般市民も含め、障害者問題の啓発・普及に努めます。

自立生活フォーラムの開催

神奈川県内の各自立生活センターと連携し、障害当事者の権利擁護の推進および一般市民への啓発・普及を目的として開催します。

障害者リーダー養成研修

ILPプログラム(自立生活プログラム)をはじめとしたプログラムや研修会を企画し、障害者の自立生活に対する動機付けを高めたり、自立生活を営む上で不可欠な諸知識を障害当事者が習得できるよう目指します。

重度訪問介護従業者養成研修

地域で暮らす障害者を支え、全身性障害者等のニーズに対応した適切なサービスを提供できる「重度訪問介護従業者」を養成することを目的として実施いたします。

広報活動

年4回、機関誌「KILC通信」を発行します。その中で当法人の運営や事業の広報を行うとともに、障害者の自立のための情報等を提供します。

居宅介護派遣事業(ヒューマンネットワーク湘南)

ホームヘルプサービスの場合、障害者の自立生活に不可欠な支援ですが地域によっては必要なサービス資源の整備が追いついていないのが現状です。そこで、そのような地域で暮らす全身性障害者に対し、重度訪問介護派遣を実施しています。

福祉のまちづくり事業

バリアフリー社会の実現に向けて県内各地域を障害当事者が自ら調査・点検・研究を行い、その成果を行政や関係機関に提言し、施策の策定に関わっていきます。

Copyright (c) Kanagawa Independent Living Center. All Rights Reserved.