CAUTION!   障害者のための防災マニュアル 2005
 
検索:
障害者にとっての「防災」 障害者のための防災マニュアル 防災チェックリスト 避難場所リスト 関係機関リスト 関連資料集
障害別に防災を考えるうえで
必要な心構えのポイントを紹介
災害に直面した時に
落ち着いて行動するための
準備・ノウハウ
自分なりの
防災プランを構築する
ためのガイダンス
普通の広域避難場所や障害者の緊急避難場所になりうる施設をリストアップ 自分なりの防災プランを構築する上で、相談にのってくれる問合せ先 関連資料

はじめに

障害者にとって、
「防災」の社会基盤整備は
まだまだ発展途上の段階です。

障害者にとって災害時の不安は数に限りがありません。しかし、その不安を、一人ひとりが充分に安心・納得できるものに変えることは、現状では行政や関係機関をもってしても困難なようです。
本書では、障害者が被災時に遭遇する場面や不安を列挙し、それぞれ今現在可能な対処例を記した「チェックリスト」を掲載しました。
今後社会基盤としての「防災」が充実していくためにも、この「チェックリスト」を活用することにより、障害者の危機意識が高まり、一人ひとりが防災へのアクションを起こすことで、より多くの、より具体的な当事者ニーズが関係機関にダイレクトに寄せられることが不可欠であると考えました。
『今まであまり考えてみなかったけど、言われてみれば、こんな時、こんな場面でワタシは実際どう対処したら良いのだろう...』 障害者や介助者の中にそんな疑問が生まれ、自ら行動を起こすことができる...、また、行政や関係機関が、寄せられる疑問や要望に明確に応えることができる...、そんな行動や協働の創出こそが、障害当事者によって障害者の視点で作成した、この「防災マニュアル」の大きな目的です。