CAUTION!   障害者のための防災マニュアル 2005
 
検索:
障害者にとっての「防災」 障害者のための防災マニュアル 防災チェックリスト 避難場所リスト 関係機関リスト 関連資料集
障害者のための防災マニュアル > 「災害」が起きる前に日ごろから > 災害に強い「暮らし」を考える > 災害・防災についてみんなで話し合いましょう
1.「災害」が起きる前に日ごろから
●災害に強い「暮らし」を考える
・みんなで話し合いましょう
・地域との交流を図りましょう
・住まいの安全を点検しましょう
・部屋の安全を点検しましょう
●避難経路を計画しておこう
・避難経路図の作成例
●あると便利!「緊急連絡カード」
●非常持ち出し品(備蓄品)

2.「災害」が起きた!その瞬間から
●家にいて被災した場合
・身を守る
・待機する
・避難する
・助けを呼ぶ
・安否確認
●外出時に被災した場合
・身を守る
・待機する
・避難する
・助けを呼ぶ
●透析など内部障害で
       治療中被災した場合

3.避難所での生活
●避難所とはどんなところか
・避難所とは
・第二避難所
  [二次避難所指定の申請]
・その他の避難所
●避難所生活を乗り切るために
・避難所についたら
・障害別避難所生活のポイント

「災害」が起きる前に日ごろから ●災害に強い「暮らし」を考える

災害・防災についてみんなで話し合いましょう

POINT-1
災害発生時の具体的な避難方法、避難経路、避難場所、連絡方法、役割分担などを家族や身近な介助者と話し合っておきましょう。

POINT-2
隣近所や、友人、地域の人たちと日頃の付き合いを通して救援ネットワークを作っておきましょう。

POINT-3
市区町村の窓口に日頃から「こんな時はどうすれば?」といった問合せを通して役所と密にコミュニケーションを図り、救援依頼の意思表示をしておきましょう。

POINT-4
治療を受けているひとは、災害発生時の避難方法や救急対応について、かかりつけの医師や近隣の医療機関と話し合っておきましょう。

POINT-5
災害時の行動順序などを家族で決めておきましょう。

※最寄りの避難所に行く→居住地域の避難所への安否確認の連絡、待ち合わせ場所など

地域の障害者相談窓口や施設などとコミュニケーションをとり、情報やノウハウをもらいましょう。災害発生の時チカラになってもらえるよう依頼しましょう。